マスク購入のためにカードリーダーを買ったけどムダになった件

台湾生活

今回は台湾でのマスク購入がらみの話。。。ますます便利になっていく台湾のマスク購入事情。便利になるのはありがたいのだが、そのスピードの速さゆえ、時として悶々とした気分になることも・・・

 

少し前に発表された「台湾の実名制マスク販売がネット予約可能になった」というニュースは、かなりの方が記憶に新しいと思うのだが、その予約をするためにはまず身分証の確認が必要である。

 

しかも、当初我々外国籍の人間がその身分証確認を行う場合は、

 

  1. PCにカードリーダーを繋いで、自分の健康保険カードを読み込んで行う
  2. 役所のカウンターで行う

 

上記いずれかの方法で身分証確認をしてから、ようやく専用のアプリで予約作業に移れる。というものだった。

 

台湾人なら携帯電話だけで身分証確認できるのにメンドクセーなと思いながらも、背に腹は変えられんということで、ネットでカードリーダーを注文したのが4月某日。

 

しかし、結論としては「筆者が鳴り物入りで買ったカードリーダーは、一度も打席に立つことなく解雇」という、まったくの無駄遣いに終わってしまった・・・

 

ということで、今回はそのどうでもいいストーリーを強引に時系列でシェアしよう!

 

スポンサーリンク

マスク購入のためにカードリーダーを買ったけどムダになった件

4月4日・蝦皮(Shopee)で注文

この日、「次の実名制マスク購入のインターネット予約受付は4月8日から10日までダヨ」という情報をキャッチ。

そこで上の案内を見ると、予約登録は「パソコンにカードリーダーを接続して行う方法」と、「携帯電話のアプリで行う方法」の2通り。

そこで、カードリーダーなど持ち合わせていない当方は、携帯で予約する気満々だったのだが、上述の通り、

 

「外国籍の人は、携帯での身分証確認はできないから、カードリーダーで登録するか、役所のカウンターまで出向いて登録するべし」ということが判明・・・

 

そこで、何としても今回マスクを申し込みたかった当方は、

 

「まだ4日だし、今から大至急ネットでカードリーダーを買えば、10日の締め切りまでには間に合うだろう」

 

と冷静にネット通販サイト・蝦皮(Shopee)でカードリーダーを物色。そこで発見したのがこちら。

 

 

値段も150元と安く、送料もなんと無料になると書いてある。

 

しかも、直近の購入者たちからのコメントを見ると、

 

出荷速度快!(出荷がとても速いです!)

 

賣家出貨速度非常快速 我商品很快就收到囉(お店の出荷はとてもスピーディーで、あっという間に商品を受け取りましたァ!)

 

かなり出荷速度も速そうで、これならヨユーで10日の締め切りに間に合うっしょ。ってことで、

 

送料が無料になる「OKストアというセブン、ファミマの後塵を拝しているコンビニ」での受け取り&支払いを選んで、ソッコー注文した。

 

ちなみに筆者が注文した時点では、上の赤で囲んだ予定到着日(預計到貨時間)は4月8日 – 4月10日となっており、さらに「4月10日までに指定のコンビニで受け取り・支払いをしてください」と書いてあった。

 

そのため、この時点では、

 

「遅くてもデッドラインの4月10日までには100%ゲットできる」

 

と勝手に確信していた。。。

 

4月7日・売主がやっとコンビニから発送

 

その後2日間、まったく商品の発送に関する音沙汰がなかったものの、4月7日にようやく「賣家已到店寄件(売主がコンビニ店頭から発送)」のメッセージ。まぁ、この時点では締め切りまでさらに3日あるので、「せまい台湾国内、1~2日で届くだろう」と呑気に構えていた。

 

4月10日・いまだにコンビニの物流センターで処理中

7日のところの写真にも写りこんでいるのだが、その後ふたたび音沙汰がなくなり、そろそろ雲行きがアヤシクなった4月10日、

 

「物流中心處理中(コンビニの物流センターで荷物処理中)」というメッセージが・・・

 

「オイオイ、10日までに金払えって、ホントに届くんかよ。今日だぜ??」と思いながら、一縷の期待をして待っていたところ、その日の夜、

 

 

「準備送去取件門市(受け取り店への発送準備中)」というフザけたアップデート・・・

 

いくぶん遅すぎる向きもあるが、この時点でやっと「もうダメだ」ということを悟ったもうマスクのネット受付時間も終了しちゃってるし・・・

 

4月12日・受け取り(怒)

結局、当初告知されていた支払い・受け取りのデッドラインを1日過ぎた4月11日、

 

「包裹配達取件門市(荷物が受け取り店舗に到着)」というメッセージが届いたが、もうマスクの受付も終わってるし、すぐに取りに行く必要がないので無視。

 

結局4月12日に近所のコンビニで、あり余る喪失感とともに商品を受け取った・・・

 

その後

その後もう一回、4月15~17日の期間でネットのマスク予約が行われたのだが、カードリーダーを受け取った翌日に、近所の薬局でマスクをゲットできたのでパス。カードリーダー君には次回活躍してもらおうと期待して、ベンチで温存することに。

 

ところが・・・

 

マスクに関しての動きがかなり速い台湾政府、4月22日からマスク予約の受付をコンビニでもできるようにレギュレーションを変更。。。

この措置によって、「カードリーダー選手、一度も打席に立つことなく解雇決定・・・」

いまの心境

150元返せ!(まぁ、業者も特に何日以内に必ず届けるとは言ってないんだけどね)
↑↑もよろしくどうぞ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました