台湾でアストラゼネカのワクチンを接種した感想・副反応は?

台湾生活

前回の記事で書いた通り、昨日(7月26日)アストラゼネカのワクチンを接種してきたので、当方が接種した際の流れや感想などをシェアしたいと思う。当然、接種する場所によって流れが異なる場合もあると思うので、その辺はあらかじめお含みおき願いたい。あと副反応については、接種してまだ1日した経っていないので、とりあえず現時点での状況をレポートさせていただく。

スポンサーリンク

クリニック到着・受付

当方が予約したのは、7月26日の午前9時~10時の回。写真では切れてしまっているが、いちばん下の項目に、「当日は予約時間内に来れば必ず接種を受けられるので、アセって一番乗りしようと思うな~」的な事が書いてあったので、9時ごろ家を出て、9時10分過ぎにシステムで選択した接種場所、竹圍のクリニック・鴻恩診所に到着した。

竹囲クリニック

すると、その時すでに外にも待っている人がいる状態だったが、まぁ許容範囲だ。ちなみに、このクリニックでは、ワクチンの受付は一般の外来と分けられており、入口の脇にある特設コーナー(写真の木の机)で行われていた。なので、そこでスタッフに予約時間帯と名前を告げ、健保カードを提出(居留証も一応出したが、不要と言われすぐに返却された)。

ワクチン問診票

スタッフが予約者のリストを確認したら、検温をしてくれる。特に熱がなければ、こちらの問診票を渡されるので、”醫師評估”以外の項目を記入。

ワクチン記録カード

あと、この黄色い紙も同時に渡されるので、名前(中文姓名)、生年月日(出生日期)、居留証番号を記入。たぶん国籍も書いといた方がいいと思うが、一応スタッフの人が「この項目を記入してね」とご丁寧にVを付けてくれたのが、その3つだけだったので、当方はその通りに書いておいた。

台湾ワクチン接種記録表紙

ただ、後から裏側を見て気付いたのだが、この黄色い紙はワクチンの接種記録カードだった。接種後に持って帰れるので、後から自分で国籍を書いても何ら問題はないと思われる。

いざ、接種

記入し終えた問診票をスタッフに渡したら、あとは自分の名前が呼ばれるのを待つだけ。クリニック到着時は外にも人が待っていたので、「けっこう待たされるかも」と覚悟はしていたが、ワクチン以外の外来の患者さんも結構いたようで、ものの10分ほどで呼ばれて、自分に接種の番が回ってくる。その際に、看護師さんからひと通り説明があったので、重要そうな部分だけ書いておこう、

  • 接種後に体調の変化がないかを見るため、15分間クリニックで休憩すること
  • 接種後に副反応で38℃以上の熱が出て、それが48時間以上続く場合や呼吸が苦しいとかの症状が出たら大きな病院に行く事

こんな感じだが、接種の時にもらえる説明の紙に、もっと詳しい事が書いてあるので、接種に行かれる方はご一読ください。

そうこうしているうちに、接種の方はサクッと終了。注射を打ってくれた看護師さんに、「ずっと中腰で大変ですね、ありがとうございます」と感謝の言葉を述べると、「いやいや、このワクチンはあなた方の国から贈られたものだから、こちらこそ感謝していますよ」と言われたのが印象的だった。

まとめ・副反応について

最後に、気になる副反応については、いまのところ発熱や頭痛など、アストラゼネカのワクチンに起因すると思しき症状は、当方にいたっては皆無である。周りに、「ワクチンを打ったその日の夜に発熱」および「ワクチンを打った翌日から発熱」でひどい目にあったという人が、それぞれ一名ずついたので、正直ビビッていたのだが、ここまでは何の問題もない。当方がラッキーなのか、元々その程度なのかは分からないが、もうしばらく油断せずに様子を見てみたい。

以上、一回目のワクチン接種の流れを書いてみた。二回目に関しては、上述の黄色い紙に次回の接種開始可能日が書かれ、「その日が近くなったら自分で予約するように」と言われたので、どうやら自分で病院等で予約する必要がありそうだが、その辺りはまた余力があれば探ってシェアしたいと思う。それではまた!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました