台北・士林駅 | 牛肉麺のチェーン店「三商巧福・士林店」子連れランチレポ

台湾グルメ

先日、前回のエントリーで書いた美崙公園に行った帰り、「MRT士林駅付近で食事をして帰ろう」ということになり、台湾各地に展開している牛肉麺のチェーン・三商巧福で牛肉麺を食べた。

 

チェーン店で、店の形態も「すき家」のようなファストフード店なので、味はグルメランキングに出てくるような店には当然及ばないが、「キレイな店内で割と安く牛肉麺を食べられるのが利点」だと当方は勝手に思っている。

 

しかも、他の店舗はわからないが、今回行った士林店にはベビーチェアもあり、子連れでも落ち着いて食事ができてヨカッタ。

 

ということで、今回は三商巧福・士林店の情報をシェア!

 

スポンサーリンク

台北・士林駅 | 牛肉麺のチェーン店「三商巧福・士林店」子連れランチレポ

 

三商巧福・士林店の場所・行き方

三商巧福・士林店の場所はMRT士林駅から徒歩5分程度の場所にある。MRT駅からの場合は1番出口を出て目の前にある広い通り(中正路)を左折。そのあとはひたすら直進でオッケーだ。

 

途中で横断歩道を渡るのは文林路で一回だけ。その後はすき家の前を通り過ぎて、少し進むとファミリーマート(全家便利商店)の隣に「三商巧福」がある。

 

ちなみにファミリーマートとは反対側の隣には、筆者もよく行くワンタン麺の店・老虎醤温州大餛飩もあり、こちらもグッドな店なのでよかったらどうぞ。

 

 

お店の様子

こちらが外観。イメージカラーはオレンジ。

入口横には席数の表示。一見、小さい店舗に見えるが、実は2階にも席があり総席数はナカナカのもの。比較的ラクに席を確保できるキャパシティだ。

店に入るとすぐ左側にカウンターがあって、

右側には調味料や箸などのコーナー。これらはセルフで取る形になっている。

調味料は牛肉麺にのせる漬物みたいな「酸菜」・・・フタ取るの忘れた。それに唐辛子「辣椒」。

調味料コーナーの横には2階席へ上がる階段。この時はまだ時間が早く空いてたので、2階席は開放されていなかった。。。

 

ただし、トイレは2階にあるので使用する時は勝手に上がって問題ない。トイレに行くついでに、2階の写真も撮ったのでシェアしよう。

2階は1階にくらべて広々している。トイレの写真を撮るのを忘れてしまったが、掃除も行き届いており安心して使えるだろう。あいにく、おむつ交換台まではなかった。

 

それでは1階に戻ろう

1階入口に近い食事スペース。奥は調理場。実は調理場の右に廊下があり、廊下から奥の客席に行ける。

奥のスペースはこんな感じだ。ガラガラだったので我々はここに陣取ることに。そして、ここで注目したいのがコレ。

そう、ベビーチェアがあるのだ。これは子連れにはうれしい。特に麺などの汁ものはいろんな意味でリスクを伴うので、ベビーチェアがあるとマジで助かる。三商巧福、侮れんぞ。

 

三商巧福のメニュー・注文の仕方

こちらがこの店のメニュー。超見にくくて申し訳ない、詳細はこちらの公式サイトでご覧いただくと100倍マシにみえるのであしからず。

 

牛肉麺は醤油ベースの定番・原汁牛肉麺に澄んだスープの清燉(チンドゥン)牛肉麺、トマト牛肉麺(番茄牛肉麵)、牛三寶という牛肉、牛スジ、ハチの巣が入った麺など各種。食事系は、そのほかジャージャー麺(牛肉炸醬麵)に豚ロースが乗ったパイコー飯(紅燒排骨飯)などもある。さらにトッピングの煮卵や小皿類といったラインナップ。麺類の価格帯はファストフードだけに、オヤジがやっているような専門店にくらべると若干安い。

 

三商巧福・注文の仕方

 

注文は前述の通り、カウンターにて口頭で注文し、料金を先払いするスタイル。

 

「えっ、口頭だと?!う~、ちょっとハードル高いんじゃ?」

 

とお思いになる方もいらっしゃるかもしれないが、ここはカウンターにメニューがあるので、指差しで十分いけると思われる。

 

たとえ指差してる時に何か言われても、知らないふりをして欲しい商品の写真をひたすら指差し

 

「這個(ジェガ)= ”これ”の意」

 

または

 

「一個(イーガ)= “文字通り、一個の意”」

 

と気合で連呼すれば、発音がメチャクチャでも相手がガイジンだとわかってるので、きっと通じる(ちなみに二個の場合はリャンガ)。士林はガイジンが結構いる街なので、店員さんも慣れてるだろう。。。

 

ちなみに筆者はこの日、壁に貼られていたこのポスターの策略にハマり、牛肉と牛スジが半々の「半筋半肉牛肉麺」125元を注文。嫁は子供とシェアするためトマト牛肉麺・大145元。サイドにゆで野菜35元と煮卵15元を2個注文した。

注文後は番号札を受け取り、席にておとなしく待つ。出来上がった料理は店員さんが席まで運んでくれる。

 

注文した料理を紹介

筆者が頼んだメイン、半筋半肉牛肉麺。具は小ぶりにカットされた牛肉と牛スジ、野菜、ネギのカップリング。そこにオプションの煮卵がのっかる。

スープは醤油ベースで、色は立ち食いそばの汁みたいな黒っぽいスープ。見た目ほどしょっぱくはなく、ビーフの風味が効いている。

麺は若干平たいうどんのような麺、いちおう麺は選べるんだけども、指定しなかったのでこの麺(白麺という)になった。他には細い麺も選べるが、牛肉麺はやっぱり太めが好きだ。

こちらが肉。ファストフードなので、こんなもんだろう。別にマズくはないので許せる。

こっちは牛スジ。こちらも小ぶりだが、プルンプルンしてて栄養ありそう。

ついでに嫁と子供のトマト牛肉麺

でもって最後はゆで野菜。これは素で茹でている野菜なので、野菜自体は変に油を入れて茹でたりしておらずグッド。上には台湾グルメの定番ルーロー飯の「ルーロー(魯肉)」がのっかっている。で、料理は以上でござりまする。

 

あとがき

そんなわけで、今回は三商巧福・士林店の話題を書いてみた。

この店はカテゴリーはファストフードっぽいが、いちおう専門店でもあるので牛肉麺は割とちゃんとしたものが出てくる。

牛肉麺のバリエーションも豊富だし、ご飯ものやサイドメニューも充実しているので、前回の筆者のように「知らない店に入って討ち死に」するよりは安全だと思われる。

「台湾ぽいものを食べたいけど、小汚い店はちょっと」という方にはいいんじゃないだろうか。

また、今回ベビーチェアがあることもわかったので、筆者的は子連れで気軽に行ける店がひとつ増えて良かった。

 

ということで、本エントリーはこれにて終了。それではまた次回!

 

 

↑前回牛肉麺で討ち死にしたエントリーがこちら

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

お店データ

店名:三商巧福・士林店

営業時間:11:00 – 21:30

住所:台北市士林区中正路331号

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました