台北・雙連駅 | トマト麺が絶品の食堂・開封包公府的私房麵に子連れで行ってきた件

台湾グルメ

今回はMRT雙連駅近くにある筆者イチオシの食堂、開封包公府的私房麺(長いので以下、私房麺)の絶品トマト麺の話。。。

 

ここの看板メニューは前述の通り、スープにトマトと溶き卵がたっぷり入ったオリジナルのトマト麺(私房湯麺)。ウマさとボリューム両方を兼ね備えたグレートな一品である。

 

いわゆる台湾の「超大衆食堂」で店内も広くないため、ファミリー向けとは言い難いのだが、子供を病院に連れて行った際に、どうしても食べたくなり子連れで突撃してみたのだ。

 

すると、幸いにも当日は12時前に入店したからかすぐに座れたのと、ママさん(老闆娘)がベビーカー持ち込みにも親切に接客してくれたので、子連れでも問題なく食事を楽しむことができた(とは言っても大衆食堂なので、ダラダラ長居する事はないが、、、)。

 

というわけで、前に一度、私房麺についてのエントリーを書いたのだが、再度新たな情報も加えて紹介しよう!

 

スポンサーリンク

台北・雙連駅 | トマト麺が絶品の食堂・開封包公府的私房麵に子連れで行ってきた件

まずは私房麺(スーファンミェン)の場所から、

私房麺の場所

私房麺の場所は、MRT雙連駅(双連・シュアンリェン)からの場合、2番出口を出て目の前の道路「民生西路」を右(承徳路方向)に進む。すると、ものの数分(数秒)で以下のコンビニ(セブンイレブン)が出てくる。

セブンイレブンを過ぎたら、すぐに右折し雙連街に入る

左手に夏だけ営業の有名なマンゴーかき氷店・冰讚を見ながら直進、小路を含めて4本目の通りを過ぎたところに以下写真のお店が見えてくる(看板の文字がウスイので見落とさないよう注意)。

※筆者が行った時はお店の前で道路の舗装工事が行われていた、もしかすると工事は既に完了しているかもしれないのでご注意願いたい。

 

私房麺・お店の様子

入口のそば、外に向いて厨房屋台がある台湾のトラディショナルなスタイル。

入って左側には厨房のほか、ウマそうな煮物などのおかずが入ったショーケースも。

店内にはテーブル席が4つ前後、そして右の壁際にはカウンターが数席。

椅子はご覧の通り大衆食堂の丸椅子なので、我々はテーブル席の丸椅子をひとつよけて、いつものようにベビーカーを突っ込んで我が子の席にした。

 

私房麺のメニューと注文方法

看板メニューのトマト麺(私房湯麺)を中心とした豊富な麺類のほか、チャーハン(炒飯)や水餃子(水餃)、スープ、そして煮物(滷味)や茹で野菜(燙青菜)などのおかず(小菜)も充実。価格もリーズナブルでうれしい

注文方法は台湾でよくあるパターン。メニューの伝票に数量を記入して、お店の人に渡すだけでオッケー。口頭での注文と違って話す必要が無いので、中国語が苦手でもプレッシャーは少ないと思われる。

 

この日我々は、定番のトマト麺(私房湯麺)80元を2つ、そしてモツ煮込み(大腸)60元に茹で野菜(燙青菜)40元を各1皿注文。合計260元、一家3人でこれならかなりリーズナブルだ。

 

いざ、実食タイム

さっそく食事スタートって事で、主役のトマト麺。何回来ても男らしさを感じる器(ドンブリ)のデカさである。

そしてその大きな器に、トマトと溶き卵がドッカンドッカン入っている。さらにネギ、野菜が入ってボリュームたっぷり。

そしてボリュームと言えば、お店オリジナルの平打ち麺も忘れちゃいけねぇ。この縮れた麺もまた、大きな器にドカンと入っている。歯ごたえもモチモチしていてグッド。

スープはサッパリ系、玉子と野菜のスープ(いわゆる蛋花湯)にトマトの酸味をミックスしたような感じでウマい。日本のラーメンと違って、全部飲んでも病気になるリスクは極めて低いと思われる。

あいにく子供用の食器は置いていないので、子供用の食器は持参するか、お店で小さなお碗を貸してもらうといい。我々はこの日うっかり子供用食器セットを忘れてしまったので、お碗を一つ借りて対応した。。。

お次は茹で野菜(燙青菜)。ここのは茹で上がった野菜にタレを少しかけただけのシンプルなもので、油っぽくなくグッド。

そしてお次はモツ煮込み(大腸)。そのまま食べてもイケるが、上にのっかっているネギに、ニンニクと辛味を絡めていただく。

モツ自体は割とドライな仕上がりなので、おかずとして食べるなら、もう少し水分ある方が筆者的には好きかも。ビールのおつまみだったら、パーフェクトだと思われる。

 

あとがき

というわけで、MRT雙連駅近くの私房麺について書いてみた。

久々に食べたけれども、看板メニューのトマト麺は相変わらず、ウマさとボリュームを兼ね備えたグレートな一品であった。

初めて食べた我が子も気に入ってくれたようで、おかわりして結構な量を食べたと思われる。また機会があれば、昼時などのピーク時間を外して連れて行こうと思う。

少々強引にまとめるが、「トマトがたっぷり入った麺」というのも(牛肉麺だと結構あるけど、、、)、モチモチした太っとい平打ち麺もあまり見かけないので、麺好きな方は一度挑戦してみてはいかがだろうか。あと、ボリュームがあるので、お腹いっぱい食べたい方にもおススメしたい。

 

それではまた次回!

お店データ

店名:開封包公府的私房麺

住所:台北市大同区雙連街43号

営業時間:11:00 – 20:00頃(日曜定休)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました