MRT竹圍駅|淡水近くで”あんかけご飯”がウマい食堂を発見した件・金門小吃店

台湾グルメ

ここ最近、家探しのために台北市内・近郊各所を回っている筆者。肝心の引越し先は残念ながらまだ見つかっていないのだが、普段行かないような場所を訪れると、意外とウマいローカルグルメに出くわすものだ。

 

ということで、今回はMRT淡水線の終点・淡水の2つ手前にある駅、竹圍(竹囲)エリアで発見した、牛肉あんかけご飯(牛肉燴飯)が秀逸な食堂・金門小吃店の情報をシェアしたい。

 

まぁ、観光で行くことはあまり無いエリアだと思われるが、大混雑の淡水を避けて、リラックスして昼を食べたりするなら、狙い目かもしれませんぞ。。。

 

スポンサーリンク

MRT竹圍駅|淡水近くで”あんかけご飯”がウマい食堂を発見した件・金門小吃店

金門小吃店の場所・行き方

金門小吃店の最寄り駅はMRT淡水線の終点・淡水の2つ手前にある竹圍(竹囲)。

駅の1番出口を出たら、

目の前にある歩道橋または横断歩道を渡って道路(民権路)の反対側へ。

反対側に着いたらすぐ左に進み、民権路沿いに50メートルほど歩いた先の交差点(民生路)で右折(角には85℃というカフェあり)。

そこから100メートルほど進むとセブンイレブン、ドラッグストアのCOSMED(康是美)、ファミリーマートが並んでいるので、セブンの手前にある路地を右折。

すると小路の右前方角に「金門小吃店」と書いてある年季の入った看板がドーンと出現。駅からだと5、6分で行けると思われる。

 

お店の様子

お店は入口付近にキッチンがある、オーソドックスな台湾食堂スタイル。入口カウンターのところでメニューと記入用の赤鉛筆を取って店内へ。

 

我々が入店したのは12時半頃で、既に結構な数の先客がいたのだが、運よく空いていた店の奥のテーブル席をゲット。

 

あいにくベビーチェアは置いていなかったが、この日は家を見て回るために、子供をおじいちゃん、おばあちゃん家に預かってもらっていたのでオールライトである。

 

ちなみに、店に入る前に我々の目を引いたのが、看板に書かれているメニューだ。炒飯や炒麺など、おなじみのメニューはもちろんだが、なんと一番初めに書かれているのが「燴飯(あんかけご飯)」ではないか。実はあんかけご飯フリークの筆者と嫁、このあと力強くその料理を注文することになる。

 

金門小吃店のメニュー・注文方法

見えにくくて申し訳ないが、こちらが金門小吃店のメニュー。麺類はスープのある湯麺類、炒麺類、ご飯ものは炒飯、あんかけご飯(燴飯)、そのほかスープ、おかゆ(粥)、一品料理(小菜)としっかり食事系が揃っている。

 

ラインナップが豊富だとけっこう迷うものだが、前述の通り今回我々は迷うことなく「牛肉あんかけご飯(牛肉燴飯)」をチョイス。

 

注文は写真のメニュー表にある”数量”の欄に、赤鉛筆で必要数を記入して店の人に渡すだけ。おっと、店内で食べる場合は右側にある”内用”の欄にテーブル番号を記入するのもお忘れなく。。。

 

今回注文した料理はこんなだ

こちらが筆者の注文した「牛肉あんかけご飯(牛肉燴飯)」。台湾ぽく言うと「ニュウロウホェイファン」である。

 

さっそく食べてみよう!と喜び勇んで一気にガッツキたいところだが、”あんかけ”だけに舌が焼けるほどアツい場合があるので、冷ましながらチマチマ食べることにする。

この店のあんの色は少しだけ濃い目のゴールド。実際食べてみると、あん自体はほんの少しユル目なのだが、ウスイという感じはなくウ・マ・い。

 

牛肉以外に野菜もたっぷり。盛りもグレートなボリュームだ。

写真の真ん中へんにあるのが”ニンニクのかけら”。こんなのがふんだんに入っていて、パンチ力もナカナカのもの。

 

不動産屋と次の物件を見に行くアポまで時間がないにも関わらず、食べるのに時間がかかるあんかけご飯を頼んでしまったため、

 

「火傷しないように慌てず、且つできるだけ早く食べるという難題をクリアしなければ」

 

とアセったが、なんとか盛りの多さも克服して時間内に完食した。

 

食べた感想としては、「看板に偽りなし」で非常にウマかった。っても「各式燴飯」て書いてたダケなのだが・・・その部分に関しては不問としたい。

 

あとがき

これまで8年近く台北に住んで、もちろん淡水には何度も行っているし、ひとつ隣の紅樹林駅近辺にも何度か行ったことはあったのだが、竹圍駅で降りたことは一度もなかった。

もちろん今回のように、”強制引っ越し”というミッションがなければ、おそらく今後も行くことはなかったかもしれないが、思わぬところでウマい食べ物を発見することができた。

ちなみにこの竹圍駅近辺、駅前に繁華街風の通りが並行して走っており、かなりローカルの人たちで賑わっている。あとで聞いた話によると、MRT淡水手前の駅の中では、かなり発展している場所だそうだ。

食べ物屋もかなりの数あったので、冒頭でも書いたが”淡水の激混み”を避けて、この界隈でランチしたりするのもアリかもしれない。

 

ということで、本エントリーはこれにて終了。それではまた次回!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

よろしければ↑もお願いします。

お店データ

店名:金門小吃店

住所:新北市淡水区民生路16巷34号

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました