台湾で不動産を購入しようと思った時に見る物件情報サイト3選

台湾生活

今回は台湾で中古マンションなどの物件情報を集めるのに使えるサイトの紹介。。。ちょっと前に「大家から賃貸契約を継続しない旨を告げられ、慌てて家探しをしている」という類のエントリーを書いたのだが、その後はどうなったのかをアップデートしていなかった。

 

「そんなくだらん他人の家探しの行く末など、どーだっていいわ」という方が大勢だと思うが、強引に結論から報告すると、やむを得ず中古のマンションを買うことに決めた。。。というか買った。

 

とは言っても、金銭的な余裕など1ミリもない超庶民のため、台北市内に家など買えるわけもなく、かなりの郊外が関の山だ。しかもいい年して「住宅ローン」という名の大借金も背負うことになってしまった・・・

 

ということで、タダでさえ更新度の低いこのブログにもし、「数ヶ月更新なし」という事態が起きたら、

 

「アイツは首でも括ったか、夜逃げでもしたのだろう」と思っていただいても、あながち間違いではないだろう・・・

 

そんなシャレにならん冗談はさておき、今回は物件探しの参考にしたローカル不動産情報サイトを紹介したいと思う。

 

はっきり言って台湾、特に台北近辺のあまりにもバカバカしい不動産価格を知っている方は、まずこの辺で家なんか買おうという気にはならないだろうが、そんなことはお構いなしに威勢よく行ってみよう!

 

スポンサーリンク

台湾で不動産を購入しようと思った時に見る物件情報サイト3選

 

一発目・信義房屋

一発目は信義房屋(シンイファンウー)。MRT駅のそばでよく店舗を見かける信義房屋は、台湾国内に200以上の直営店舗を持ち、株式も上場している台湾ナンバーワン(たぶん)の不動産屋である。日本にも進出しているので、ご存知の方も多いのではないだろうか。

中古物件を探す場合は「買屋」を選んでから、その下の検索ボックスに〇〇市・〇〇区などキーワードを入れると、その地域の物件一覧が出てくる仕組み。

上の写真は試しに「台北市・北投区」と打ち込んだ際の一覧なのだが、赤で囲った部分にあるメニューで予算範囲や物件タイプ、広さ(坪数)など、さらに物件の絞り込みが可能。

条件を何も指定しなかったとは言え、この画面の一番先頭に10,938萬(1億938万台湾元)の物件を出してくるところに、「庶民は相手にしない」という信義の気位の高さが感じ取れる(実際は庶民向けの物件も取り扱っているのでご安心を)。

そして各物件のページを見てみよう。上が適当に選んでみた信義房屋の個別物件情報ページ。下にスクロールしていくと、

基本資料という項目に、物件のデータが書かれている。この項目にはいろいろな情報が書いてあるのだが、とりあえずポイントだけ簡単に説明しよう。

 

  • 建坪 = 公共スペースを含めた総坪数
  • 主+陽 = 実際に買主が居住するスペース+バルコニーの坪数
  • 地坪 = 実際に買主のモノになる土地の坪数
  • 公共設施 = 廊下や階段などの公共スペースの坪数
  • 主建物 = バルコニーを除く居住スペースの坪数
  • 花台 = 花壇の坪数

 

上記を見てお気づきの方もいると思うが、よく表に出てくる「建坪」には自分が居住する家(部屋)以外の公共スペースも含まれるので、実際の居住スペースの広さを見る際には「主建物」または「主+陽」のところを参考にしよう

さらに下には「市價登錄」といって、過去に成約した類似物件(同マンションの別部屋や付近にある似た条件の物件)の成約価格が出ているので、こちらは価格交渉の参考になるであろう。

 

二発目・永慶房屋

お次は永慶房屋(ヨンチンファンウー)。こちらも信義と同じく、駅のそばによく店舗を構えている大手だ。サイトの使い方はさきほどの信義とほぼ同じ、ボックスに地域や予算範囲などの条件を入力して物件の絞り込みができる。

適当に選んだ物件のページ。こちらも信義と大差はない。ただし永慶の場合、赤で囲んだ担当店舗名の部分に注目したい。

この写真の物件では「永慶房屋(股)公司・天母北路直営店」となっているが、時々「永慶不動産・〇〇店」といったような店名が出てくる物件もあるのだ。

その違いは何なのかと言うと、「永慶房屋」は直営店。すなわち担当者は永慶の社員になり、「永慶不動産」の場合はフランチャイズ加盟店という違いである(ちなみに信義は全店直営)。

両方に物件を紹介してもらった感想として、特にどちらが良い・悪いというのは無かったが、フランチャイズ加盟店の場合、店によって仲介手数料のパーセンテージが違ったりする場合もあるようなので、そこは注意したいところだ。

ちなみに永慶直営店や信義の仲介で買う場合、手数料は通常1%だが、フランチャイズ加盟店の場合は2%~4%ところもあるそうなので、ここは事前に確認しておくのがベターだ

 

三発目・楽屋網

そして最後は楽屋網。ここは特定の不動産屋が運営するサイトではなく、SUUMO(スーモ)のように個人売主および各社の物件が見られる便利なサイトである。

 

「だったら上の信義と永慶をわざわざ紹介する必要ないんじゃ??」

 

と思う方もいるかもしれないが、実は楽屋網には永慶の物件情報は入っていない。また、信義にしても筆者の経験上、自社ウェブにしか掲載されていない物件があったりするので、やはり信義と永慶の2大不動産屋は押さえておくべきだと思う。

一方、楽屋網には信義を除いて7社のメジャー不動産屋が物件を掲載しているので、2大不動産屋がカバーしていない物件を含めて豊富な物件情報にリーチできるのはありがたい。

楽屋網のほか、賃貸ではダントツの人気を誇る591好房網というサイトでも不動産各社の物件を見ることができるのだが、情報量とサイトの見やすさで楽屋網に分がある。と当方は勝手に思っている。

 

おまけ・各サイト共通の情報について

というわけで、台湾ローカルの不動産情報サイトについて書いてみた。最後におまけとして、この手の不動産情報サイトによく出てくる中国語をざっくり紹介。

 

  • 售價 = 価格
  • 公寓 = 集合住宅(エレベーターなし・4~5階建てが多く、上階が安い傾向)
  • 電梯大樓/華夏 = 集合住宅(エレベーターあり)
  • 透天厝 = テラスハウス。というと聞こえがいいが、隣と壁がくっついている長屋(2~3階建てが多く、概ね古い)
  • 屋齡 = 築年数
  • 樓層 = 階層のこと
  • 格局 = 間取り・原則「〇房〇廳〇衛」という書き方で、2房2聽1衛なら2部屋(2房)+リビング+ダイニング(2廳)+バス&トイレ(1衛)となる
  • 頂樓加蓋 = 公寓の屋上によくある、増築したプレハブみたいな物件。いわゆる違法建築なので賃貸で住むならまだいいが、強制撤去される可能性もゼロではないので、個人的には買うものではないと思っている(特に台北市政府は厳しいらしい)。

 

ざっと思い浮かぶところで、こんなもんだろうか。また出てきたら、その都度追加していくので今回はこの辺でご容赦願いたい。それではまた次回!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

ブログ村もよろしくどうぞ。。。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました