台湾旅行で役立つタクシー配車アプリ会員登録&使い方を解説

台湾観光・遊び

台湾シンプルライフマガジン、管理人のモト(@moto)です。

今回は台北市内での移動をはじめ、台湾の地方へ旅行に行った際も役立つ「タクシー配車アプリ」の会員登録、使い方について解説します。

台湾のタクシーは台北市内なら初乗り70元(約290円)、他の都市でも85~100元程度と料金が比較的安く、気軽に使える交通手段のひとつ。

この記事でご紹介するアプリは、台湾の広範囲をカバーする大手タクシー会社「台湾大車隊」のアプリなので、台北以外の地方を旅行する際、観光スポットへのアクセスにも使えますよ(実際、年末の宜蘭・礁渓旅行でもこのアプリが大活躍してくれました)。

中国語のアプリですが、実際のAndroidスマホの画面で説明していきますので、中国語が苦手な方でも問題ありません。アプリはiOS版もありますので、ぜひ試してみてください!

 

台湾大車隊 55688 アプリを App Store / Google Play でダウンロード

台灣大車隊 55688

台灣大車隊 55688
開発元:TaiwanTaxi Co., LTD.
無料
posted withアプリーチ

台湾の大手タクシー・台湾大車隊 配車アプリ登録方法

▲はじめに、台湾大車隊のアプリ「台湾大車隊 55688」をダウンロードします。

▲ダウンロードが完了すると、直後にこのようなアプリの機能紹介画面が出る場合がありますが、その場合は右上の「略過」をタップしてスキップしましょう。

▲こちらが初期画面になります。新規会員登録をするには、まず右下の「註冊會員(会員登録」をタップ

▲続いて、こちらの登録画面に携帯番号を入力します。入力したら下部にある「簡訊認證(SMS認証)」をタップ。

筆者は台湾の携帯で登録していますが、左上の国旗の部分をタップすると、プルダウンメニューで各国の国旗(国番号)が出てきます。日本の国番号も選択できるので、台湾以外の携帯番号で登録できるかもしれません。ただ、実際に登録できるかは未検証ですのでご容赦を。

▲SMSが届いて認証が済んだら、こちらの画面に切り替わるので、上から順に

・密碼 → 任意のパスワード(6~11桁で好みの英数字で組み合わせ)
・確認密碼 → 再度パスワードを入力
・會員姓名 → 氏名
・性別 → 男性は「先生」、女性は「小姐」をチェック
・生日 → 生年月日
・電子信箱 → メールアドレス

以上の項目を入力したら、最後に「我同意」のチェックを入れて、いちばん下の「註冊完成, 輸入優惠碼(登録完了、クーポンコードを入力)」黄色いボタンをタップしたら登録完了です。

続いて「輸入優惠碼」の画面が出てくると思いますが、特に無ければ下部の「略過, 開始叫車(スキップして配車を開始する)」をタップすれば、次の配車画面に移動します。

台湾大車隊アプリでタクシーを呼ぶ方法・実際の画面で解説

▲まず、台湾大車隊 55688のアプリを開きます。位置情報がオンになっていれば、画面中央の「上車(乗車地点)」のところに現在地の住所が表示されますので、位置情報はオンにしておきましょう。

表示されている住所にタクシーを呼ぶ場合は、そのまま下方にある「叫車(タクシーを呼ぶ)」ボタンをタップします。別の住所にタクシーを呼びたい場合は、住所の横にあるペンのマークをタップして住所を入力します。

ちなみにこの時、下方にある「輸入下車點、預估車資(降車地点、料金目安)」をタップすると、降車地点の入力および、目的地までの料金の目安を見る事ができます。

※降車地点は入力しなくても、「叫車(タクシーを呼ぶ)」をタップすればタクシーを呼ぶことは可能です。

タクシー乗車地点の入力、中国語が苦手なら地図でも設定可能

乗車地点を入力する場合は、上方にある「上車(乗車)」欄に住所を中国語で入力します。その際、上の画像のように乗車地点のサジェストが出てくる場合もあるので、該当する場所があればタップしてもオッケーです。

ここまで、住所は中国語での入力を前提としていますが、中国語での入力ができなくても心配いりません。下方の赤枠で囲んだ部分「在地圖上設定上車點」をタップすれば、地図で乗車地点を設定することができます。

▲地図で乗車地点を入力する場合は、地図上で乗車予定地点をタップすると、「上車(乗車)」欄にピンが立った場所の住所が表示されます。

乗車地点に問題がなければ、下方にある「確認地點, 下一步(確認、次へ進む)」の黄色ボタンをタップ。

この時、「下車(降車地点)」欄に目的地を入力する事もできます。その場合は乗車地点の時と同じく、中国語で直接入力または地図での住所入力が可能です。

オプションサービス・車両タイプの選択~乗車

▲乗車地点の確認後は上記画面になります。この画面では支払い方法などオプションメニュー(赤枠で囲んだ部分)、その下方には車両タイプを選択するメニューがあります。オプションメニューは左から

・支払い方法 → 「現金」になっている箇所
・希望するサービス → 「備註需求」になっている箇所)
・台数 → 「叫1台」になっている箇所

上記の3項目を選択する事ができます。

▲上の画像は左から支払方法、希望サービス、車両台数の選択画面になります。

支払方法、台数については問題ないと思いますが、真ん中の希望サービスの項目には車いすの積載(輪椅収納)やペット歓迎(寵物友善)などがありますので、もし希望のサービスがあれば選択して、そのあと「確認」ボタンをタップしましょう。

▲続いて、こちらが車両タイプの選択画面です(もし、下車地点を入力してあれば、車両タイプの下に下車地点までの料金の目安も表示されます)。

車両タイプは上からザックリと

・小黄計程車 → 一般的な小型タクシー(乗客4名)
・舒適型多元 → いわゆる大型(wishなど広めの車両・乗客4名)
・豪華型多元 → ラグジュアリー(乗客4名)
・6人座多元 → ミニバン(乗客6名)
・寶寶多元 → チャイルドシート搭載・子連れ向け(乗客4名)

このようになります(車種などはあくまでも参考です)ので、好きなタイプを選んで「確認」ボタンをタップして前の画面に戻ったら、「確認叫車(タクシーを呼ぶ)」をタップしてタクシーを呼びましょう。

 

「確認叫車」をタップしたら、「搜車中, 請稍候(車両を探しています、少々お待ちください)」という画面になり、システムが近くの車両を探してくれます。

▲車両が見つかると、この画面に切り替わり、タクシーが乗車地点に到着するまでの時間(上の赤枠)、車両ナンバー、車種、ドライバー氏名、評価(下の赤枠)が表示されますので、乗車地点でタクシーが来るのを待ちましょう。

上の画像では、ナンバープレートが「239-L9」、車両番号が「1555」のトヨタ・ウィッシュが予約車両になり、2分後に乗車地点に来る事になっています。

▲タクシーが到着したら番号を確認します。間違いがなければ、そのまま乗車します。筆者がこのとき呼んだタクシーは時間通りに到着しました。車両にもちゃんと「239-L9」、「1555」と書かれていますね。

タクシー乗車後は料金や走行時間も確認可能

▲乗車して走り出すと、このような画面に切り替わり、走行ルートおよび「XX分走行しました」という情報が表示されます。

▲目的地に着いて下車すると、支払ったタクシー料金や走行時間が表示されます。この画面ではドライバーさんの評価もできます。これで使用方法の説明は終了です。

おわりに

という事で、台湾の大手タクシー会社「台湾大車隊」の配車アプリ、台湾大車隊55688の会員登録方法と使い方の解説でした。

冒頭でも書きましたが、台湾のタクシー料金は台北市内なら初乗り70元、他の都市でも初乗り85~100元程度と比較的安いのが魅力。

また、台湾大車隊は台湾各地に展開しているので、台北以外の地方都市を旅行する際に、観光スポットへのアクセスにも使えますよ。

アプリなら中国語で電話をする必要もなく、気軽にタクシーを呼ぶことができるので、興味のある方は、ぜひ試してみてください!

台湾大車隊 55688 アプリを App Store / Google Play でダウンロード

台灣大車隊 55688

台灣大車隊 55688
開発元:TaiwanTaxi Co., LTD.
無料
posted withアプリーチ
管理人

管理人

2013年から台湾在住の日本人です。現在、台湾人の奥さんと台日ハーフの子育て中。このブログでは、主に子供と行った遊び場、観光スポット等のレビュー、子育て、生活情報などを発信しています。

関連記事

管理人

管理人

2013年から台湾在住の日本人です。現在、台湾人の奥さんと台日ハーフの子育て中。このブログでは、主に子供と行った遊び場、観光スポット等のレビュー、子育て、生活情報などを発信しています。

よく読まれている記事

  1. 1

    台湾で不動産を購入しようと思った時に見る物件情報サイト3選

  2. 2

    台北市専用ゴミ袋の種類や値段・買い方とゴミ分別のオキテ

  3. 3

    話題の台湾フルーツ・アテモヤ初体験、食べ方や味の感想をシェア

TOP