台湾のレンタカー・ネット予約方法と現地の手続きを解説!中租租車編

おでかけ

台湾国内旅行、特に地方都市などでの移動に便利なのがレンタカー。

先日、台中を観光した時に台湾の大手レンタカー会社・中租租車(Chailease)を利用してみたところ、子供連れでの移動にとても便利で快適でした。

そこで今回は中租租車のネット予約方法や現地での手続きなどの情報をシェアします。

「台湾旅行でレンタカーを利用したいけど、借り方がよくわからない」、とか「実際にレンタカーを借りる時や返却する時の手続きについて知りたい」という方は、ぜひご参考にどうぞ。

台湾のレンタカー会社「中租租車」とは?

この記事で紹介する台湾のレンタカー会社は「中租租車(Chailease)」という会社になります。

台湾のレンタカー会社だと和運租車や格上租車などが比較的有名ですが、中租租車も台北から高雄、東部の花蓮や台東まで、台湾の主要都市をカバー。

桃園空港のほか台中、高雄では台湾新幹線の駅にも営業所があり、世界中に展開しているハーツレンタカー(Hertz)とも提携しているので、台湾では大手と言えるレンタカー会社だと思います。

中租のレンタカー営業所は台湾の主要都市をカバー

中租租車の営業所は上述の通り台湾の主要都市をカバーしていて、以下の都市に営業所があります。詳しい場所については中租租車ウェブサイトでご確認ください。

・台北
・新北
・桃園
・宜蘭
・新竹
・台中
・台南
・高雄
・台東

ちなみに筆者がレンタルした台湾新幹線の台中駅営業所は、営業所名は「高鉄台中駅」ながら実際は隣接する台鉄(台湾鉄道)烏日駅構内にありました。

台湾でのレンタカー予約・利用条件、必要な書類は?

中租租車のサイトに書かれているレンタカーの利用条件と必要な書類は以下となっています。

・レンタル契約者(運転者)は満20歳以上、レンタル時に有効な免許を保持していること
・車両をレンタルするにはクレジットカードでの支払いが必要
・台湾以外の外国籍旅客はパスポートおよび台湾で有効な国際免許証、自国の免許証を提示

日本の免許証を利用する場合は翻訳の用意が必要

上記に「外国籍旅客は台湾で有効な国際免許~」とありますが、日本で発行された国際免許は台湾で使用できないので、日本の運転免許を使用する場合は免許証の原本と翻訳文が必要になります。

翻訳文は日本台湾交流協会や日本自動車連盟(JAF)で発行してもらえますので、台湾でレンタカー利用を予定している方は事前に手配しておきましょう。

筆者は台湾の免許証を使用したのですが、その場合も受付時にパスポートと台湾の免許証の提示を求められました。

図解「中租租車」のネット予約&会員登録方法

ここから中租租車のネット予約方法と会員登録の方法を図解で説明していきます。

画像は中国語版の画面になりますが、順を追って説明しますので中国語が苦手でもスムーズに予約できると思います。

レンタカー予約の前に会員登録をしておこう

台湾のレンタカー会社は大体どこも同じだと思いますが、中租租車もネットでレンタカーを予約する際は、はじめに会員登録が必要になります。

まず、会員登録をするために中租租車トップページにある「註冊(登録)」をクリックして会員登録画面に進みましょう。

▲登録画面のいちばん上にある「我是外國人(私は外国人です)」にチェックを入れます。

▲するとチェックした箇所の下にある「請輸入身分證字號(身分証番号を入力してください)」のところが「請輸入護照號碼(パスポート番号を入力してください」に変わりますので、上から

  1. 護照號碼・・・パスポート番号
  2. 手機號碼・・・携帯電話番号(台湾の携帯番号を持っていない場合は空欄に)
  3. Email・・・メールアドレス

以上を入力したら、その下にある「同意中租會員條款(中租会員条項に同意します)」と「我不是機器人(私はロボットではありません)」にチェックを入れて「註冊(登録)」をクリックすると認証コードが送られてきます。

※認証コードは携帯電話番号のところに台湾の携帯番号を入れると携帯に送られてきますが、携帯番号を空欄にした場合はメールで送られてくると思われます。

▲認証コードが携帯またはメールボックスに届いたら「驗證碼」の欄に入力して、「送出」ボタンをクリックするとパスワード(密碼)の設定画面になるので好きなパスワードを設定しましょう。

▲パスワードの設定が完了したら画像のログイン画面に切り替わるので、上の欄に登録したパスポート番号、下の欄にパスワードを入力。

そのあと再度「我不是機器人(私はロボットではありません)」にチェックを入れて「登入(ログイン)」。これでレンタカーの予約に進めます。

中租租車ウェブサイトでのレンタカー予約手順

ピックアップ(借りる)場所・日時を選択

はじめに中租租車のトップページ中央にある欄をクリックすると、プルダウンメニューで各営業所のリストが出てくるので希望の営業所を選びます。

▲続いて赤枠の左から「租車日期(ピックアップ日)」、「還車日期(返却日)」、「租車時間(ピックアップ時間)」、「還車時間(返却時間)」

以上を選択したら右側の「選擇車型(車両タイプを選ぶ)」をクリックします。

車両を選択

車両の選択画面になるので希望の車両を選んだら「立即預約(すぐに予約)」ボタンをクリック。

このとき、先にプランを選ぶ必要があるので、左上の「請選擇租車方案(プランを選んでください)」のところでプランを選んでおきます。通常の予約の場合は「一般租車」を選んで問題ありません。

オプション選択

続いてオプションの選択画面になります。オプションは

・衛星導航設備(GPSナビ)
・行車紀錄器(ドライブレコーダー)
・Combi児童安全椅(コンビのチャイルドシート0~12歳)
・Combi増高墊(コンビのジュニアシート)

以上が用意されていますので、必要なものがあれば右側の「+」で必要数を入力しましょう。料金はオプションごとに異なりますが、$50/天となっていれば原則1日50元。費用は車両を借りる際に支払いとなります。

オプション(ある場合)を選択したら「下一歩」ボタンをクリックして次の画面に進みます。

ちなみに各オプションの項目には注意事項が書いてありますので事前に確認しておきましょう。
すべての項目に「配件数量有限~」とあるのは、数に限りがあるということなのでオプション利用を希望する場合は早めの予約がおすすめです。

個人情報の入力

オプションを選んだら個人情報の入力画面です。外国籍旅客の場合は「護照號碼(パスポート番号)」、「姓名(氏名)」、「メールアドレス」以上の記入が必須となっています。

その他の部分も先に記入しておけば現地で記入する時間が節約できるようなので、可能な範囲で記入しておいた方がよさそうです。

支払方法の選択

個人情報を入力して、そのままスクロールダウンしていくと支払方法の選択になります。

項目は上から「付款方式(支払方法)」、「發票資訊(領収書)」、「點數折抵(割引ポイント使用の有無)」の3つです。

「付款方式(支払方法)」は信用卡(クレジットカード)・Google Pay・Apple PayまたはLINE Payから選択、「發票資訊(領収書)」は個人なら「個人發票」、会社なら「公司發票」を選択します。

特にポイントがなければ「點數折抵」のところはスルーして「付款(支払い)」ボタンをクリックするとクレジットの入力画面に進みます。

クレジットカード情報の入力

こちらの画面で支払金額を確認したらクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード(CVCコード)を入力して「Submit」ボタンをクリックして送信。

▲支払い手続きに問題がなければ「訂單已完成(予約完了)」のメッセージとともに「訂單編號(予約番号)」が表示されます。

メールでも予約確認書が送られてきますが、念のためこのときに予約番号をメモするか画面のスクリーンショットを保存するかして控えておきましょう。

レンタル当日の手続き・現地での借り方の流れ

ここから先日(2022年4月初め)筆者が高鉄台中営業所でレンタルした時に現地で行った手続き、車両受け取りの大まかな流れをシェアします。

<当日のレンタカー会社カウンターでの手続き>

  1. レンタカー会社のカウンターで予約している旨を告げる
  2. スタッフにパスポート、運転免許証(日本の免許の場合は中国語のコピー)、クレジットカードを提示
  3. 予約内容およびレンタル規約の説明、確認
    保険のオプション等の案内もあるので、必要な場合はここで申し込み可能。※ここで案内されたオプションは、いわゆる車両に破損があった時の自己負担や破損による営業補償が発生した場合のノンオペレーションチャージの負担を軽減する内容が主でしたので筆者は念のため加入しておきました。
    費用は車両にもよりますが大まかに1日600~800元程度です。

ザックリとこのような流れでした。一連の説明、確認が済んだら実際に車両に案内されます。

出発前にレンタル車両のチェック

レンタカー会社のスタッフが車両まで案内してくれるので、日本と同じように外観のチェックをします。ちなみに車両は駅を出てすぐ目の前にある駐車スペースにありました。

こんな感じで細かい傷などもチェック、記入していき、チェックが済んだら確認のサインをします。

実はこの日は連休ということもありレンタカー会社にチャイルドシートの空きがなく、別のレンタルショップで借りたものをレンタカー会社に送ってもらっていたのですが、現地スタッフの方が設置まで丁寧に対応してくださいました。感謝。

車両の外観や装備のチェック、返却時の注意事項などを確認したら出発。安全運転でドライブを楽しみましょう!!

レンタカー返却の流れ

レンタカー返却に関する情報は、出発時にスタッフが渡してくれたファイルに入っています。

ここに営業所名、連絡電話番号、営業時間、そしてGoogleマップのQRコードがあるので、スキャンすれば返却場所の地図を見ることができます。

高鉄台中駅営業所の場合は

「還車位置, 抵達後請停在路邊並連絡我們(返却時の駐車スペースについて、到着時はいったん路上に停車してからお電話ください)」

と書いてあったので出発時と同じ場所に戻ってきた際、記載されている番号に電話をしたら、すぐにスタッフが降りてきてくれました。

大まかな流れとしては

  1. スタッフと車両のキズなど外観をチェック
  2. 室内に汚れや忘れ物がないかをチェック
  3. ガソリンが給油されているかをチェック、給油していなければこのときに精算
  4. 高速道路の利用があればこのときに精算

以上のような流れになりガソリン代、高速道路通行料の精算が必要な場合は、基本その場でクレジットカードで精算します。

注意・レンタカー返却時はガソリンの給油が必要

中租租車のサイトでは「レンタカー返却時は貸出時と同量にガソリンを入れて返却すること」となっていますので、返却前に付近のガソリンスタンドで給油をして返却しましょう。

給油できなかった場合はレンタカー会社が定めるガソリン代実費+手数料300元が必要となります。さらに詳しい情報は中租租車ウェブサイトにてご確認ください(返却時給油不要のオプションプランもあるようです)。

おわりに

ということで台湾のレンタカー会社「中租租車(Chailease)」のネット予約方法や借りる時に必要な書類、現地での手続きについてザックリと書いてみました。

筆者は今回はじめて台湾のレンタカーを利用したんですが、台湾の地方都市への旅行、特に子供連れには便利で旅を快適にしてくれるツールだと思います。

もちろん外国、特に交通マナーがさほど良いとは言えない台湾での運転には気を遣いますが、公共交通だとなかなか行けない場所に行けたり、途中で子供が寝てしまっても比較的安心なのがレンタカーの魅力ですね。

これから台湾で運転される予定の方、くれぐれも安全運転でドライブをお楽しみください。

管理人

管理人

2013年から台湾在住の日本人です。現在、台湾人の奥さんと台日ハーフの子育て中。このブログでは、主に子供と行った遊び場、観光スポット等のレビュー、子育て、生活情報などを発信しています。

関連記事

管理人

管理人

2013年から台湾在住の日本人です。現在、台湾人の奥さんと台日ハーフの子育て中。このブログでは、主に子供と行った遊び場、観光スポット等のレビュー、子育て、生活情報などを発信しています。

よく読まれている記事

  1. 1

    台湾で不動産を購入しようと思った時に見る物件情報サイト3選

  2. 2

    台北市専用ゴミ袋の種類や値段・買い方とゴミ分別のオキテ

  3. 3

    話題の台湾フルーツ・アテモヤ初体験、食べ方や味の感想をシェア

TOP