台湾鉄道(台鉄)時刻表の見方をわかりやすく解説!

台湾観光・遊び

”台鉄”と呼ばれている台湾の在来線・台湾鉄道(台湾鉄路)。この記事では台鉄の時刻表の見方をわかりやすく解説します。

「台湾を鉄道で旅行したいけど、時刻表の見方がよくわからない」

「台鉄が運行している列車の種類や目的地までの所要時間を知りたい」

「台鉄のサイトで列車を検索する方法を知りたい」

と思っている方は、ぜひチェックしてみてください!

台湾鉄道(台鉄)の時刻表に出てくる路線や列車名

台鉄・プユマ号

台鉄・プユマ号

現在、日本語版も用意されている台湾鉄道(台鉄)のウェブサイト。

でも、中国語版にしかないメニューもあり、いまのところ時刻表は中国語版でのみ閲覧・ダウンロードが可能となっています。

そのため、台鉄の時刻表を見る前に、時刻表に出てくる路線や列車名を知っておくと便利です。

ここでは特急・急行列車の時刻表を見る際に出てくる路線名、列車名について説明します。

台鉄の時刻表に出てくる路線名

出典:台湾鉄道ウェブサイト

画像は台湾鉄道(台鉄)のわかりやすい路線図になります。

台鉄の特急・急行の時刻表は現在、以下3つのカテゴリーに分かれていて左側が路線名、()内が路線の区間です。

  • 西部幹線(基隆~潮州)
  • 東部幹線(樹林~台東)
  • 南廻線(台東~枋寮~新左営)

大まかに説明すると、

西部幹線は画像左側の「縦貫線」の部分で、おもに台北~台中~高雄の区間

東部幹線は画像右側の「宜蘭線」、「北廻線」、「台東線」の部分で、おもに台北~花蓮~台東の区間が含まれます。

台鉄の時刻表に出てくる列車名

台鉄・自強号の新型車両・EMU3000型

台鉄・自強号の新型車両・EMU3000型

続いて、台鉄の特急・急行列車の時刻表を見る際に出てくる列車名をかんたんに説明します。

  • 對號快車(対号快車)・いわゆる特急・急行など比較的長距離で指定席のある列車の総称
  • 莒光號(莒光号)・いわゆる急行列車、古めの車両が多い印象
  • 自強號(自強号)・いわゆる特急列車の総称、新旧各種車両があり、後述のプユマ号、タロコ号も自強号のカテゴリーに入る
  • 太魯閣號(タロコ号)・2007年から運行している自強号の一種で、旧自強号より速い
  • 普悠瑪號(プユマ号)・2013年から運行している自強号の一種で、旧自強号より速い
  • 自強3000・2021年末から運行が始まった最新の日本製・EMU3000型電車、「騰雲座艙」というビジネスクラス車両を連結

ちなみに、普通列車は「区間列車(区間車)」と呼ばれています。

台湾鉄道(台鉄)の時刻表の閲覧・ダウンロード方法

ここから台湾鉄道(台鉄)のスマホ用ウェブサイトの画面を使って、時刻表閲覧およびダウンロードできる場所を解説します。

▶ ステップ1. 台湾鉄道(台鉄)トップページ左上のメニュー(赤枠部分)をタップ

▶ ステップ2. メニューから「旅客服務」を選択

▶ ステップ3. 「列車時刻與轉乘」を選択

▶ ステップ4. 下方の「時刻表下載」を選択

▶ 各路線・列車種類ごとの時刻表が出てくるので、希望の路線・列車種類の時刻表をタップしてダウンロードします。

例えば西部幹線の特急・急行列車の時刻で、南下(台湾北部から中南部へ)する列車の時刻表をダウンロードする場合は赤枠の「西部幹線(基隆→潮州)」を選択します。

※時刻表のファイルはPDFまたはODSの2種類があるので、お好みのファイルをお選びください。

台湾鉄道(台鉄)時刻表の見方

いよいよ、台湾鉄道(台鉄)時刻表の見方です。

と言いつつ、台鉄の時刻表自体は日本の時刻表とあまり変わらないので、すぐに分かると思います。

上の画像が台鉄ウェブサイトからダウンロードした時刻表で、西部幹線の対号快車(特急・急行列車)、台湾北部・基隆方面から台湾南部・潮州へ南下する列車の時刻表抜粋です。

ここでは赤枠の花蓮発、潮州行きの急行「莒光号667便」を使って説明します。

まず、車次の部分は上から、

  • C.K. ・・・列車名「莒光号」のアルファベット表記
  • 莒光・・・列車名
  • 667・・・列車番号(便名)
  • ・・・経由する線で「山」は山線、「海」は海線経由(上の路線図に掲載されています)
  • 花蓮→潮州・・・起点(花蓮)と終点(潮州)
  • 逢週一行駛・・・ここは特別なインフォメーションで、この場合は週一(月曜)運行のことです
  • 小さいですが下にあるマークは上から自転車持ち込み可、障がいのある方用座席、授乳室ありのマーク(時刻表下部に説明書きがあります)
  • 各駅の到着(出発)時刻は日本の時刻表同様、この列車の場合は台北駅なら4時45分になります

出発・到着時刻で台鉄の列車を検索する方法

ここから台湾鉄道(台鉄)ウェブサイトで出発・到着時間にあわせて列車を検索する方法を解説します。

基本的には画像の台鉄トップページにある、

  1. 出発駅
  2. 到着駅
  3. 日付
  4. 出発時間/到着時間帯(検索する時間の範囲は日付の上にある出発時間/到着時間でいずれかを選べます)

以上を入力するだけです。

台鉄ウェブサイトの日本語版は、左上メニューの「Language」で選べます。このサイトの日本語は完ぺきではありませんが、列車の検索には支障ありません。

続いて実際に台北から台中行きの列車を検索してみます。

▶ ①の出発駅をタップしたら、「駅を選択」画面で主線または支線を選択(幹線の場合は主線でOK)し、駅を入力したら確定をタップします

駅の入力欄は2段になっていますが、上段は駅がある都市、下段は実際の駅名で、上段の都市を選択しすると下段の駅名を選択できるようになります。

▶ ステップ2. 同じく②の到着駅をタップしたら、「駅を選択」画面で到着駅を入力します。

▶ ステップ3. 次に③の日付をタップして、日付選択画面で希望の日程を選択します。

▶ 続いて④、⑤で検索したい時間の範囲を指定します。

▶ すると、このように指定した時間の範囲内で出発/到着する列車の情報(列車名・所要時間・運賃等)が表示されます。

このブログの台鉄・自強号のネット予約に関する記事を見てみる

おわりに~台湾鉄道(台鉄)で楽しい旅を!

”台鉄”の呼び名で知られる台湾の在来線、台湾鉄道の時刻表ガイドでした。

台湾には”高鉄”と呼ばれる台湾新幹線(台湾高速鉄道)もあり、特に台北と中部の台中や南部の台南・高雄間はスピーディーに移動することができますが、在来線での旅行も楽しいですよ。

また、台湾はそんなに大きくないので、在来線で台北から高雄まで行ってもプユマ号なら4時間前後と長すぎない列車の旅が楽しめます。

また、台鉄は台湾をぐるりと一周しているので、ゆっくり台湾一周の旅などにも挑戦してみたいですね。

それでは、台湾鉄道(台鉄)の時刻表を使いこなして、楽しい旅行をどうぞ!

管理人

管理人

2013年から台湾在住の日本人です。現在、台湾人の奥さんと台日ハーフの子育て中。このブログでは、主に子供と行った遊び場、観光スポット等のレビュー、子育て、生活情報などを発信しています。

関連記事

特集記事

TOP